• More
Menu Search

OpenText Capture Center

高度な文書/文字認識ソフトウェアを使用し、紙文書、スキャニングした画像、電子メール、ファックスを自動的にキャプチャ

OpenText Capture Center (旧称「DOKuStar Capture Suite」) は、業界で最も高度な文書/文字認識機能により、文書を、コンピューターで読み取り可能な情報に変換します。Capture Center は、スキャンした画像やファックスに「保管されている」データをキャプチャし、OCR、ICR、IDRや読み取り機能などのテクノロジーを使用して認識します。その結果、マニュアル処理や紙ベースの処理を減らし、ビジネスプロセスを促進して、データ品質の向上とコスト削減を実現します。

機能 & 特長

  • 精度の向上: ルールベースの分類、抽出、検証によってエラーが低減するため、ECM/ERP システムに入力されるデータの質が向上します。簡単なクリック操作と例外処理で、精度がさらに向上します。
  • コンプライアンスの向上: 外部から受け取る文書は受領後すぐにトランザクションデータとリンクさせて管理することで、作業の遅れやコンプライアンス問題を低減します。これにより、受け取った文書は素早く現場スタッフに提供可能となります。
  • 高度なテクノロジーを活用: 高機能なツールを活用し、バーコード、パッチコード、光学マーク認識、フォーム読み取り、フリーフォーム認識、データベース認識、適応読み取り機能など、さまざまなデータ抽出方法で情報を抽出します。
  • 統合作業を最小化: 既存の多機能プリンター、高性能スキャナ、ファイルシステムフォルダー、メールサーバー、Microsoft SharePoint サーバー、FTP サイトなどを、文書、フォーム、ファックスの情報ソースとして活用できます。
  • 簡単にカスタマイズ可能: Capture Center API を使用することにより、認識プロセスのほぼすべての部分についてプロジェクト特定のコードをカスタマイズおよび作成できるため、お客様固有の業務ニーズにも対応します。

文書キャプチャソフトウェアを使用したデータの抽出と保管

OpenText Capture Center (旧称「DOKuStar Capture Suite」) では、高度なツールを使用した、紙文書、ファックス、添付文書付きの電子メール、画像、ビジネス書類、複雑な複合文書など、各種コンテンツの取得、分類、情報抽出、検証、保管が行えます。

OpenText Capture Center では、社内のメールルームのように、企業や組織が文書を受け取った時点から自動的にプロセスが開始されます。

OpenText Capture Center は、高性能スキャナ、多機能周辺機器 (MFP)、ファイルシステムのフォルダー、メールサーバー、Microsoft® SharePoint® サーバー、FTP サイトなどの情報ースから、文書、フォーム、ファックスをすばやく効率的にキャプチャしてデジタル化します。

Capture Center では、まず文書認識機能によって、文書がタイプ別に分類されます (買掛金請求、保険金支払い請求書、注文入力、申し込みフォーム、顧客のフィードバック、その他定義済み文書タイプを判別)。その後、光学文字認識 (OCR)、インテリジェント文字認識 (ICR)、インテリジェント文書認識 (IDR) により、デジタル画像から業務データを抽出します。

データが認識不可能な場合は、例外処理および簡単なクリック操作によってデータを入力することができ、文書の検証処理後は、デジタル化された文書 (関連するメタデータを含む) が OpenText Content Server、OpenText Transaction Content Processing アプリケーション、Microsoft SharePointに自動転送されます。