• More
Menu Search

ダイナミック・ケースマネジメント

人、コンテンツ、トランザクション、ワークフロー間の複雑な処理を管理するシンプルな方法

生産性向上の次なる一手は、人、プロセス、コンテンツの間でダイナミックかつ予測できないやり取りが含まれる業務に対し、デジタルワーカーをどのように変革させていくべきかです。OpenText™ Process Suite は、ローコードで情報の徹底活用が可能なダイナミックケースマネジメントフレームワークを用意し、様々なタイプのプロセスに対して一貫性と効率性をもたらす、迅速かつシンプルな方法を提供します。

ダイナミック・ケースマネジメントとは

ケースは、コンテンツ、人、トランザクション、ビジネスや規制といった様々な要素が複雑に絡みます。以下が一例です。

  • コンプライアンスへの対応や保険請求の処理が伴うインシデント管理
  • カスタマ・オンボーディングといったサービスリクエスト
  • ローン査定などの意思決定が必要なプロセス

ダイナミック・ケースマネジメントはセルフサービスの重要性を認識されており、ケースワーカーからの多くのルーチン作業を排除し、顧客や従業員の経験に基づく、多様な人的プロセスを実行していきます。加えて、市場競争や規制要件により、構造化されていないナレッジワークに対する効率性や一貫性も求められます。

ダイナミック・ケースマネジメントソフトウェアの特長

  • ケースによる結果と解決までの時間短縮:解決が求められるケースに対し、ケースワーカーと情報、ナレッジ、人を繋ぐ
  • 生産性向上を促進: ケースの作成、追跡、管理に求められる労力を軽減
  • シンプルかつ予測性が向上し、サービスレベル契約にも合致
  • カスタマやユーザーの満足度が向上:個別の状況に応じたプロセス適用による柔軟性を確保
  • ディプロイメントを促進:各業務の専門スタッフがローコードアプリケーションフレームワークを活用

OpenText はケースワーカーの対応力向上と柔軟性を提供

構造化されていないプロセスで、特定のケースの情報を次なる最適解を判断します。多くの企業では、情報は複数のエンタープライズシステムやコンテンツリポジトリにあります。OpenText Process Suiteは、

  • ユーザーに利用しやすい一元的なインタフェースから、様々なケースに関連する情報をまとめて管理
  • 整合性とシステムズ・オブ・レコードを維持しながら、各業務シーンで利用されているシステム間のやり取りおよびワークフローを統制管理
  • ケースの進行度合いを調整しながら、マニュアルベースのアドホックな作業を実行
  • シームレスに、従来型のビジネス管理(BPM)機能でルーチン作業を自動化

コンテンツマネジメントを超えて、決定はプロセスに従う

各ケースには、様々な段階で各種ドキュメントが含まれているためダイナミックケースマネジメントフレームワークには、エンタープライズコンテンツリポジトリや関連したコンテンツ管理機能が統合されている点が重要になります。OpenText Process Suiteは、ケースの一部としての情報の取得、情報の管理、外部とのコミュニケーションに向けたフォーマットの最適化に対するシームレスなプロセスを実現します。また、豊富なサードパーティーのコンテンツリポジトリと統合可能です。

プロセスを熟知している人にパワーを

OpenText Process Suite は、情報主体の設計を支援するローコードアプリケーション開発アプローチを採用しています。各プロセスに熟知している現場のビジネス担当者はまず情報そのものを捉えて、どのようなプロセスが必要になるかを検討します。予め設定されたビルディングブロックとアクセラレーターにより、エンティティモデリングと称されるローコードアプローチがケースマネジメントアプリケーションをシンプルかつスピーディーに構築します。

詳細

以下のExecutive Briefをご覧ください。

Customer Story: Dutch Ministry of Defence

Customer Story: CIZ (Netherlands Ministry of Health)

Customer Story: esure