• More
Menu Search

エンタープライズサービスバス (ESB)

企業や組織における効果的なエンタープライズ ITアーキテクチャの構築と保守を支援する OpenText Cordys エンタープライズサービスバス(ESB)は、新しいビジネス要件に迅速に対応し、ITコストを継続的に削減し、機敏かつ柔軟性に優れ、アプリケーション、クラウドサービス、新規ならびに既存のビジネスパートナーと顧客とをシームレスに連携させることができます。

従来のESB環境ではハブアンドスポーク型のアーキテクチャが採用され、すべてのバックエンドシステム(スポーク) 間のコミュニケーションがハブに依存するため、ハブで不具合が発生するとシステム全体が機能しなくなっていました。しかし中央のハブを持たない OpenText Cordys ESB では、単一による不具合がなく、パフォーマンスに対するボトルネックが解消されます。OpenText Cordys ESBでは、アーキテクチャとしてバスが使用され、共通の通信パラダイムとしてピアツーピアが使用されています。この独自のテクノロジーにより、すべてのサービスが疎結合となり、バス上でサービスを分散できるだけでなく、細密なフェールオーバーおよびスケーラビリティが確実に実現します。

次のような課題や問題の解決策として、サービス指向型アーキテクチャ(SOA)のエンタープライズサービスバス(ESB)をご検討ください。

  • ITインフラとアプリケーションの両方に高額な投資を行ってきたが、期待したROIが実現していない
  • 現在の機能を活用して、これまでの投資に対するROIを拡大したい
  • 市場で、新しい需要に迅速に対応することが求められているが、これに対してIT環境を柔軟に対応させることができない
  • 実施可能なビジネスプロセスがITインフラによって制限されてしまい、変更を行うのも遅すぎる

OpenText Cordys は、このような企業における問題の解決を支援します。お客様のIT環境が複雑化し、現在のビジネス要件を十分に満たせないとお困りの場合は、OpenText Cordys ESB を使用することによって迅速な対応が実行できます。OpenText Cordys ESB は、組織の効率化や迅速な対応を促進して長期的に持続可能なサービス指向アーキテクチャを構築し、これまでのIT投資資産を活用してビジネスの可能性を広げていきます。