• More
Menu Search

OpenText Experience Analytics

  • 概要
  • リソース

戦略的なマーケティングから顧客サービスに至るまで、組織には、取引履歴、モバイルアプリの使用状況データ、コンタクトセンターの記録などのソースを含む、顧客に関する完全なデータが存在します。しかし、そのデータに隠されたビジネス価値を見つけ出すのは困難なことです。データは分断されて存在することが多く、そこから取り出すには、非常に大きなコストとリソースがかかると認識されています。Experience Analytics は、こうした課題に正面から取り組み、デジタルコンテンツの所有者がキャンペーンのメッセージング、ROI のターゲット設定、顧客満足度を容易に向上できるようにします。

OpenText™ Experience Analytics は、ユーザーのデジタルメディア資産、Web およびコミュニケーション作成ワークスペースに従って、ビジュアルダッシュボードとレポートにリアルタイム分析を適用する、唯一のデジタルエクスペリエンスプラットフォームです。

  • マーケティング部門は、最も関心を集めている資産タイプを把握し、オーディエンスの要求や嗜好を満たすようにコンテンツパブリッシングを最適化できます。
  • 企業は、エンドツーエンドで、複数のチャネルやデバイスを使用しているデジタル顧客の行動に対するインサイトを得て、豊富なデータを備えて対象を絞ってパーソナライズされたコミュニケーションや Web コンテンツを提供できます。
  • デジタルストラテジストは、ビッグデータのトレンドを把握して予測モデリングを促進することで、将来を見据えた意思決定を下し、高い価値のオーディエンスに関するインサイトへとデータを変換できます。

Experience Analytics の注目ポイント

OpenText Experience Analytics は、OpenText™ Big Data Analytics OpenText™ Information Hub (iHub) の強力な機能を活用して、IT 部門や専門家に依存することなく自社のデータすべてにすばやくアクセスし、ブレンド、探索、分析を行う簡単な方法を求めているビジネスアナリスト向けに構築された、オールインワンの高度な分析ソフトウェアアプライアンスを提供します。

  • マーケティング投資回収率 (ROMI) の評価を実現: 組織全体でマルチサイト、オムニチャネルのパブリッシングとアプリケーションを一元的に管理および分析します。
  • すべてのデータを単一のビューに表示: 複数のソースの膨大なデータセットにすばやく簡単にアクセスします。
  • 数十億ものレコードを数秒で分析: 数百のテーブル、数百万の行、数十億のレコードを一度に処理する高パフォーマンスでリアルタイムのビッグデータ分析で、ビジネスへの深いインサイトを得ます。
  • 複雑さを排したデータモデリング: データキューブ、前処理、モデリングが不要です。データ分析に関連する IT ワークロードと、データサイエンティストへの依存を最小限に抑えます。
  • ベストプラクティス分析手法: 事前構築されたアルゴリズムと予測分析手法を使用できます。脅威、潜在的な関係、パターン、プロファイル、トレンドを検出して、事実に基づく意思決定を可能にします。
  • コーディングが不要: 何度か簡単にクリックするだけで、数分のうちに raw データから高度なデータビジュアリゼーションが実現します。
  • 簡単に使用できるビジュアル機能: データをすばやく分析し、意思決定ツリー、相関ルール、プロファイリング、セグメンテーション、ベン図などでビジュアル化します。
  • ユーザーの自治と自立: 事前にパッケージ化されたアルゴリズム関数により、統計に関する知識を持たないユーザーが深い分析を実行できます。

ユーザーのデジタルエクスペリエンス戦略全体に分析を拡張

OpenText Experience Analytics は、OpenText Media ManagementOpenText Communications Center、および OpenText Web Experience Management に埋め込まれており、次の機能を提供します。

  • デジタルエクスペリエンス全体のイベントを収集する一般的な追跡サービス
  • データ管理タスクと BI/レポートのユースケースのサポートのためのデータストレージソリューション
  • 複数タイプの追跡イベントに対応する柔軟なスキーマ設計
  • 1 日あたり数百万のイベント追跡に対応する大容量サポート機能
  • WEM 内のすべての Web サイトにおけるコンテンツ編集アクティビティに対するレポート
  • すべてのビジネスユニットの顧客ドキュメント作成をタイプごとに傾向付け

OpenText Media Management では、システム全体とコンテンツのステータス情報、資産レベルのパフォーマンスおよび使用状況情報の詳細ビューが、ダッシュボードに表示されます。

  • ビジネスユニット別のアクティビティ
  • 資産タイプ別のアクティビティ
  • ユーザーおよび外部サイトによる使用アクティビティ
  • ワークフローアクティビティ内での資産利用 (キャンペーンフォルダーなど)
  • すべての顧客セグメントにおいて電子メールコミュニケーションの応答率が最も高いメディア属性の分析
  • ビデオ資産に関して、YouTube からのソーシャルメディア使用状況データを表示

OpenText Media Management Image

OpenText Media Management 内の使用状況レポート

OpenText Communications Center ダッシュボードは、次のような複数のユーザーエクスペリエンスに埋め込み可能です。

  • ドキュメント定義エディター
  • リソースマネージャー
  • 管理

OpenText Web Experience Management ダッシュボードは、次のようなサイトプレビューやワークスペース UI に埋め込まれています。

  • 作成アクティビティ
  • 設計アクティビティ
  • パブリッシングアクティビティ
  • 管理アクティビティ
  • ユーザー
  • プロセス