• More
Menu Search

OpenText Content Suite Platform

  • 概要
  • 特長

重要なプロセスに即したコンテンツフロー全体を徹底管理

グローバル企業や組織では、ビジネスコンテンツの作成や受け渡しのプロセスにおいて複雑かつ困難な課題に直面しています。しかし、こうした課題への対策を通じて、ストレージコストを削減し、生産性とコンプライアンスを増大させるチャンスでもあります。

今日のインフォメーションワーカーは、社内外の関係者と協力し、増え続ける大量のコンテンツを作成、編集しています。締め切りに追われ、メールの受信ボックスは溢れ、適切な担当者が適切なタイミングで適切なバージョンのファイルを保持しているかを把握するには非常に時間がかかるため、混乱が生じて生産性を損なわれます。

コンプライアンス責任者と法務部門によると、ユーザーが適切にコンテンツ(業務記録と非業務記録を含む)を識別し、管理していないケースは、企業や組織がリスクに晒されていると懸念しています。そして、IT部門では、メール添付とファイル共有による重複ファイルを特定できず、何が重要で、それがどの期間まで必要なのか、どのファイルを廉価なストレージメディアへ退避させるべきかの判断が難しく、ストレージコストが膨れ上がるばかりです。コンテンツの管理、 制御、保護は組織の全体の情報ガバナンス戦略にとって、極めて重要なのです。

OpenText エンタープライズ情報管理(EIM)の基盤であるOpenText Content Suite Platformは、キャプチャからアーカイブ、廃棄に至るまでの一連の情報の流れを管理する、総合的なエンタープライズコンテンツ管理(ECM)システ ムです。Content Suite Platformは複雑でダイナミックな規制に対応し、俊敏な情報ガバナンスを確保します。Content Suite Platformは、リスクを減少しながら、イノベーションと戦略的成長のための情報活用を促進します。

Content Suite Platformを活用することで、次のような点が実現されます。

  • ビジネスプロセスにコンテンツを統合し、重要なビジネス資産として管理
  • ビジネスの状況に応じたコンテンツの共有と配信
  • コンテンツのセキュリティ強化と、ライフサイクルを通した整合性の確保
  • 戦略的なベンダー製品・ソリューションとのシームレスな統合
  • 大容量の情報に対する適切な管理

ソリューションのポイント

  • 個人とチームの生産性を増加
  • 企業における規定に準拠し、リスクを減少
  • ストレージコストと費用負担を軽減
  • キャプチャ技術でコンテンツのスキャン、インデックス化、分類を行い、物理レコードを価値あるデジタル資産に変換
  • 高度かつスケーラブルで多様な機能を搭載した、企業コンテンツの管理と共有をセキュアな単一レポジトリで提供する、Webベースのドキュメント管理システム
  • プロセスを自動化するワークフローにより、整合性と正確性を確保。企業や規制基準に即して、プロセスをグラフィカルに設計が可能
  • 生産性の高いアプリケーションやプロセスから直接コンテンツを簡単に操作できる可能かつ使いやすいフレキシブルなユーザーインターフェイス
  • 企業コンテンツ(電子、物理を含む)のライフサイクルを管理するレコード管理によって、リテンション管理を実現し、適切なタイミングで廃棄が可能
  • インテリジェントアーカイビングでメタデータやビジネスの状況に応じてストレージを最適化し、安価なメディアの活用とハイエンドなストレージ削減サービスを提供
  • 共通のドキュメント化されたスタンダードな開発ツールでエンタープライズアプリケーションを作成、展開、管理