skip to main content

積水化学工業、次世代のB2B連携基盤として OpenText™ B2B Managed Servicesを採用

業容倍増に向けサプライチェーン基盤を刷新し、基幹システムとの接続も一本化

東京 – 2021-12-16 – OpenText(NASDAQ:OTEX、TSX:OTEX、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:反町浩一郎、以下オープンテキスト)は本日、積水化学工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤敬太、以下積水化学)が、次世代のB2B連携基盤として「OpenText™ B2B Managed Services」の採用を決定したことを発表しました。 住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチックス、メディカルの4つの部門で事業を展開する積水化学は、長期ビジョン「Vision 2030」で、ESG(環境・社会・企業統治)経営を中心とした革新と創造により、2030年までに業容倍増(売上高2兆円、営業利益率10%以上)を目指しています。その中で同社は、2022年度までの中期経営計画「Drive 2022」のもと、現有事業、新事業、経営基盤の3つの“Drive”を、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって加速させています。

積水化学デジタル変革推進部 情報システムグループ長(IT部門長)である原和哉氏は次のように述べています。「Vision 2030の実現のための基盤づくりとして、グローバル標準の仕組みを導入することで、業務プロセスの標準化を図っています。」

同社がこうしたDX戦略を進める中、直面した課題がB2Bの受注業務でした。同社の取引先約8,000社のうち75%を占める小規模な代理店や工務店(約6,000社)からの受注はFAX、メール添付、電話で行われ、基幹システムへのデータ入力作業で過大な負荷がかかっていました。こうした煩雑なマニュアルプロセスがボトルネックになると判断した同社は、取引先ごとに仕組みが異なるB2B領域を切り出し、デジタル取引の範囲を広げるとともに、基幹システムとのインターフェースを一本化することにしました。

2018年頃から新たなB2B連携の仕組みを検討した結果、クラウド型でB2B/EDIデータ交換を実現するOpenTextTM B2B Managed Servicesの採用、およびWeb・モバイルでの受注に対応するカスタムB2B/ECを担うOpenTextTM Order Application Portalの構築を決定しました。

積水化学デジタル変革推進部 情報システムグループ 石川治氏は次のように述べています。「当初はEDIサーバーの内製や既存のEDIシステムのバージョンアップも検討しましたが、スピード感を持って進めるには限界がありました。そこで、クラウドシステムを採用し、周辺システムのDXを進めることにしました。海外の販売・調達までカバーするならオープンテキスト以外の選択肢はなく、ほぼ即決でした。」

オープンテキスト株式会社 代表取締役社長 反町浩一郎は次のように述べています。「この度、積水化学工業様に、弊社のOpenText™ B2B Managed Servicesが採用されたことを大変嬉しく思います。B2B・EDIサービスのパイオニアであり、世界最大級の商取引基盤を提供させて頂いております弊社は、今後もお客様のDX推進に貢献すべく、様々な製品やサービスを通じて、お客様の課題解決に努めてまいる所存です。」

オープンテキストの「OpenText™ B2B Managed Services」について:
https://www.opentext.jp/products-and-solutions/products/business-network/b2b-managed-services

OpenText Japan Blog:
サプライチェーンDXを成功に導くには?
積水化学様の事例から見えてきた成功要因① ~認識された3つの課題~
https://blogs.opentext.jp/successful-supply-chain-dx1

サプライチェーンDXを成功に導くには?
積水化学様の事例から見えてきた成功要因② ~検討された3つのポイント~
https://blogs.opentext.jp/successful-supply-chain-dx2

サプライチェーンDXを成功に導くには?
積水化学様の事例から見えてきた成功要因③ ~B2B移行時の考慮点~
https://blogs.opentext.jp/successful-supply-chain-dx3

■オープンテキスト株式会社およびBusiness Network事業について

オープンテキストは、ビジネスに不可欠な情報やプロセスを効率的に処理・自動化し、情報のハブとして活用できるソフトウェア&クラウドサービスを提供する企業です。ビジネスコンテンツ&プロセス管理をはじめ、B2B/EDIデータ連携サービスやFAXソリューション、Web&デジタルメディア管理、フォレンジック・セキュリティやAIを用いた各種の分析・可視化など、多種多様な業界・業種のお客様へ最適なソリューションを提供しています。
B2B/EDIデータ連携サービスを核とした、当社のBusiness Network事業では、「グローバルビジネス」と「プロフェッショナリズム」というミッションステートメントを掲げ、日本のお客様に貢献していきます。


◆OpenText Business Network Mission Statement

グローバルビジネス
“我々は、世界最大の企業間連携プラットフォームと長年のB2Bナレッジを活用し、日本企業がグローバルビジネスで持続的に成長していくために、サプライチェーンの課題に取り組み、デジタルの力で安定・安心・先進のサービスを提供し続けます。”
プロフェッショナリズム
“我々は、常にお客様に寄り添い、社員一人一人がプロフェッショナルとして妥協せず、互いを尊重し、変化や挑戦に向き合い、継続的成長と創造価値の向上を図ります。”
詳細はこちら>> https://blogs.opentext.jp/bn-mission-statement/
オープンテキスト株式会社ウェブサイト https://www.opentext.jp


<本件に関するお問合せ先>

OpenTextグループ/オープンテキスト株式会社
マーケティング部 柳沢・竹ノ内
Tel: 03-4560-7705
Email:otj-pr@opentext.com
OpenTextグループ/オープンテキスト株式会社 広報代理
ホフマン ジャパン株式会社 上江・太田・田中
Tel: 03-5159-5750
Email:OpenTextJP@hoffman.com