skip to main content

OpenText Magellan Analytics Studio

IT に依存せずにビジネスレポートを作成しデータを可視化

OpenText™ Analytics Studio は、OpenText Information Hub (iHub) のWeb ベースのセルフサービス型アドホックレポートツールで、ビジネスユーザーが IT に頼らなくてもビジネスレポートや動的なデータの可視化を作成できるようにします。直観的なグラフィカルインタフェースに備わっている使いやすい機能を利用して、多くのインサイトが得られるアドホックレポートを作成して簡単に共有できるため、緊急のビジネスの問題を解決できます。

独自に設計したアドホックレポートを使って日々の意思決定を向上

Analytics Studio を使用すると、日々の意思決定を下すためのインサイトをすぐに得られるようにアドホックレポートを独自に作成でき、効率が向上します。多様性に優れ、使いやすい作成および書式設定ツールを搭載した Analytics Studio には、データの表示と操作を容易にする強力な設計エレメントが含まれており、アドホックレポートを構築する際のコントロールを高めることができます。

image thumbnail Analytics Studio

Analytics Studio のアドホックレポートツールには、ビジネスユーザー向けの簡素なレポートテンプレートが含まれています。

単独で自分のデータにすぐにアクセスでき、自分が見やすいようにパーソナライズしたデータの可視化を含んだ独自のアドホックレポートをカスタマイズして作成できます。また、ビジネス固有の論理と設定を非静的なデータ表示を含んだキャンバスに適用する、行や列を追加したり削除したりして表示するデータを変更する、新しい概要を作成する、進行に合わせて情報を整理するなどの操作ができます。これによってアドホックレポートをパーソナライズし、グラフやチャート、表、図に含める、または除外するデータを指定できます。

アドホックレポートを活用することで、利用可能なすべてのデータを 1 つに融合することで革新的な発想をする機会が無限に与えられます。

OpenText Analytics を使用したアドホックレポートの構築

一般に、誰でも生データを使用する際、実際にデータが整理されて表示されていると最も効果的に活用できるものです。これがインタラクティブであればなおのことです。

直観的でドラッグ&ドロップのインタフェースを備えたオープンテキストのアドホッククエリツールは、ビジネスユーザーが IT のサポートがなくても自分のデータにアクセスし、そのデータをインタラクティブなデータの可視化で表示できるようにします。トレーニングをほぼまったく受けていない初心者でも、Analytics Studio の直観的な環境を通じてポイント&クリックすることで、選択したデータの表示を含んだレポートを構築し、すぐにインサイトを得ることができます。

image thumbnail iHub for Analytics Studio
 image thumbnail iHub for Analytics Studio

独自のアドホックレポートの構築はとても簡単で、データを選択し、好きな可視化を選択し、空のキャンバスにドラッグするだけです。

Getting Started with Analytics Studio

OpenText Analytics および Analytics Studio を使用したアドホックレポートの構築方法の詳細

機能:

  • Web ベースのクエリツールにより、どのユーザーも IT 部門が作成した既存のレポートテンプレートに任意のインターネットブラウザまたはモバイル対応のスマートデバイスからアクセス可能
  • 使いやすさ: 実質トレーニングがまったく不要なため、誰でもアドホックレポートを作成および実行可能
  • HTML5 を介してモバイルおよび Web アプリケーションにシームレスに統合
  • ブラウザからアクセス可能で、クライアントソフトウェアのインストールが不要
  • 付属の一連の再利用可能なテンプレートやテーマを利用、あるいは Smart Web Layout 機能を使用して簡単にダッシュボード形式のレイアウトを作成および再フォーマット
  • 技術的な知識があまりないユーザーにも使いやすい先進型のドラッグ・アンド・ドロップ式グラフィックインタフェースでクロス集計や表、チャートを簡単に作成
  • 実質トレーニングがまったく不要なため、誰でもアドホックレポートの作成が可能で、さらにレポート実行前のデータのプレビューおよびプレフィルタリングや、ランタイムでのパラメータの調整も可能
  • ビッグデータ分析など、事前に読み込まれたデータソースからの情報を新規のレポートに適用
  • アドホックレポートを保存してあとで利用し、他のユーザーと共有が可能