skip to main content

OpenText Magellan Interactive Viewer

セルフサービス型のデータ可視化およびレポート機能による簡易化

OpenText™ Information Hub (iHub) は、OpenText Analytics Suite のセキュアでインタラクティブな分析アプリケーションで、組織のデータの表面下で何が起こっているか発見できるようになります。さまざまなセルフサービス型のデータ可視化およびレポート機能を備えており、どのユーザーにも適切な種類のセルフサービスによるデータ分析が可能です。  

これらのセルフサービス機能の 1 つである OpenText Interactive Viewer は便利で使いやすく、その価値をすぐに実感できます。  最小限のトレーニングと IT のサポートを受けるだけで、インタラクティブなデータ可視化およびレポート機能を使用して迅速にインサイトを得たいと考えているビジネスユーザーにとって理想的なツールです。

Interactive Viewer を使用すると、情報やインサイトのパーソナライズ、保存および共有を数分で行うことができます。棒グラフの棒や円グラフ内の扇形をクリックするとドリルダウンして、ツールチップに関連情報を表示できます。  ユーザーは直感的にマウスポインターを置いてクリックするだけです。これにより、このビューアはどのビジネスユーザーでもメリットが得られるセルフサービス型のビジネスインテリジェンスレポートツールの柔軟性と便宜性を求める組織にとって強力なソリューションとなります。

Interactive Viewing 機能を使用してビジネスユーザーは説得力のある可視化によってデータを表示でき、それらをあらゆる主要デスクトップおよびモバイルプラットフォーム間で共有および公開できます。  可視化のどの部分でも必要に応じてズームインまたはズームアウトできます。

実際の操作を見る

Interactive Viewer を使用したレポートのパーソナライズと、
iHub へのエクスポートおよび保存方法

データの書式設定および表示

Interactive Viewer を使用してユーザーは自由にデータをグループ化、集計、並べ替えおよびフィルタリングし、多様な計算や比較を実行できます。  特定の範囲の値を含んだセルをハイライトする (ピンク = 60 日以上延滞の請求書、赤 = 90 日以上延滞の請求書) など、条件付きデータの書式設定機能もあります。 

  • 単純な並べ替え (昇順および降順) と複数の基準などによる高度な並べ替え
  • 式を使用して、日付や評価などの基本的な計算よりも高度な計算を行えるように標準の数式を拡張可能
  • データの集計では、一連のデータ列に対して計算の実行が可能
  • 基盤となるレポート設計に影響を与えることなく、選択する値または間隔に応じてデータを自由にグループ化またはグループ化の解除が可能

技術的なメリット

  • 便利なドラッグ・アンド・ドロップ操作で、簡単にレポートのナビゲーションおよび書式設定が可能
  • すべてのプラットフォームにおいて、データの可視化で HTML5 がサポートされており、モバイルデバイスを含め、簡単に共有が可能
  • レポートの保存、共有、公開または他のフォーマットへのエクスポート (Excel、Word、PDF、PPT など) が可能

ビジネス上のメリット

  • 簡単で直観的なインタフェースにより、作業を早く開始でき、トレーニングコストを削減し、価値を向上
  • iHub との完全統合により、OpenText Analytics Suite 全体の高速化および簡易化、より信頼性の高い分析データの再利用を実現
  • 単一のレポート設計を複数のユーザーのフォーマットに変更またはパーソナライズが可能で、IT コストを削減
  • 柔軟性の高い設計により、新しいインサイトを得るためのデータの探索を促進

Interactive Viewer の詳細