skip to main content

公共機関向け OpenText Exstream

米国の州、地方、および連邦政府機関は、OpenText Exstream を活用して市民により多くのサービスを提供しつつ、大幅にコストを削減しています。公共機関は、ドキュメントタイプ、変化する内容、配信チャネルに関わらず、納税証明書などパーソナライズされて何度も発行されるドキュメントを設計、作成、配信することが可能です。OpenText Exstream は、また金融サービス、医療、保険、印刷サービス、電気通信、公益事業にも業界別サービスを提供しています。

メリット

リスク低減とコンプライアンス遵守を保証

自動のコンプライアンスサポートにより、有効日と管轄区域を基にコンテンツに含むのか、あるいは除外するのかを簡単に管理できます。指定された承認者に電子メール通知を送信するユーザー定義のワークフローを作成することで、アプリケーションの変更を効率化し、政府のコンプライアンス基準を満たします。

希望の言語でコミュニケーション

相手方の第一言語で対応し、カリフォルニア州法案 853 など、政府規制への準拠のために変わりやすい内容を管理します。21か国語のスペルチェッカーを一つのアプリケーション設計で利用可能です。

より少ない費用でより多くのサービスを提供

タイムリーなリマインダーを作成して、間近に迫った開廷日やサービスの終了などの重要なイベントを市民に通知し、費用のかかるコールセンターへの問い合わせを削減します。