skip to main content

公益事業向け OpenText Exstream

瞬く間に高度化するスマートグリッド技術により、公益事業プロバイダーにとって多くの機能向上が実現していますが、最も根本的な変化のひとつは、公益事業と消費者の対話方法の変化です。OpenText Exstream は、公益事業プロバイダーが、便利かつタイムリーで、分かりやすいコミュニケーションを顧客に配信することで、エネルギーの消費に関して、情報に基づく顧客の選択をサポートし、行動を促します。OpenText Exstream は、金融サービス、医療、保険、印刷サービス、公共機関、そして電気通信にも業界別サービスを提供しています。

特長

マルチチャネルで顧客の満足度を向上

顧客の希望する方法、場所、そして時間に合わせて顧客にリーチします。請求書、マーケティング資料、文書間のやり取り、法規制の通知等の印刷および電子コミュニケーションのために、バッチ、オンデマンド、インタラクティブなど、マルチチャネル全体のコミュニケーションを設計し、配信します。

法規制の遵守の単純化

自動のコンプライアンスサポートにより、有効日と管轄区域を基にコンテンツに含むのか、あるいは除外するのかを簡単に管理できます。

コミュニケーションコストの削減

より明確なコミュニケーションで、費用のかかるコールセンターへの問い合わせを削減します。ドキュメント開発や作成、紙代や郵送料金の削減、より迅速な処理時間によるコスト削減を実現します。

メリット

すべてのタッチポイントをパーソナライズ

明確なコミュニケーションにより、すべてのタッチポイントを最大限に活用します。請求書をCRMデータに統合し、設計ツールを使用して使用情報を簡素化。レター、請求書、明細書を、Web、電子メール、印刷、SMSなど、複数のチャネルで配信します。

カスタマーエクスペリエンスの向上

チャネル全体で一貫したブランディングを提供し、規制への準拠を維持、またドキュメントの一貫性を保ちます。

コミュニケーションコストの削減

公共料金請求書に明確な説明を含ませることで、費用のかかるコールセンターの問い合わせを削減します。