skip to main content

OpenText MediaBin

  • 概要
  • リソース
  • アドオン

これまでの資産は、組織全体のさまざまな部門間の連携を行うことなく開発されてきました。価値のある情報が個別の部門サーバー、イントラネットページ、ローカルドライブに存在しているため、価値の高い資産の重複、旧式化、紛失、不十分な分類などにより、ブランド標準を満たせずにいます。

OpenText™ MediaBin は、オンプレミスとクラウドで提供されるデジタル資産管理ソリューションで、数千に及ぶ顧客向けのデジタル資産を効果的に管理、配布、公開することで、世界各地に分散するチームを有する大規模な組織が、さらに魅力的で一貫したカスタマーエクスペリエンスの実現を支援します。

インパクトの大きいマーケティングとコミュニケーション、即応性の向上、ブランド資産価値の強化、チームの生産性向上、企業の資産価値を認識できていることの安心感から得られるメリットを十分に活用し、将来に向けた利用を担保します。セルフサービスのアクセスとは、マーケティングで、コンテンツ要求の実行のために時間を浪費せずに済むようになることを意味します。

通常、リッチメディア資産はテキストベースではないため、これまで検索が困難でした。MediaBin では、テキストベースのファイルと同じように、これらの資産を簡単に検索、再利用、理解できるので、別の形式の関連データによって情報を自動的に相互参照することができます。

MediaBin はオーディオ、ビデオ、イメージファイルコンテンツから自動的に主要コンセプトを抽出し、資産の分析と分類を行います。また、メタタグおよびラベル作成機能が自動化されているため、何時間もかけてイメージの確認やタグ付けを行う必要がありません。色などの高度な特徴を認識するので、非常に詳細な、タイムコード化された検索可能データが提供されます。こうしたインテリジェンスにより、ファイルに関連付けられる実際のキーワードを知らなくても、キャンペーンに適した資産を見つけることができるようになり、時間を節約し、さらにファイル選択の精度を高めることができます。ソーシャルネットワークや Web 検索全体まで拡張されたエンタープライズ内で、他のコンテンツの文脈に沿って資産を表示することもできます。

MediaBin では、イメージ内に人がいるかどうか識別し、ビデオで顔を認識し、ロゴやバーコードを識別し、光学文字認識を実行できます。これらすべての機能によって、自社のキャンペーンに適したイメージを簡単に検索できるようになります。自動的な音声テキスト変換により、ビデオファイル内で話されている単語を検索できます。ちょうど 10 秒のクリップをこれまでになく簡単に検索できます。

豊富なビジュアルリソースを持つグローバル企業に対して、MediaBin はデジタル資産管理への優れたアプローチを提供します。権限ベースのワークフローによってチームが強化され、自社のブランドを明確かつ効果的に顧客に伝達できるようになります。メタデータ管理機能でデジタル資産が自動的に整理されタグ付けされるので、チームの生産性が向上し、コンプライアンスが強化されます。

OpenText MediaBin ポータルクライアント

OpenText MediaBin ポータルクライアントは、デジタル資産管理のユーザーエクスペリエンスの簡素化を実現します。企業ユーザーと外部エージェンシーは、資産ライブラリにアクセスし、それぞれに必要な内容のみが表示されるシンプルでスマートなユーザーインターフェイスを使用して、リッチメディアを検索、ダウンロード、共有できます。中央のリポジトリにあるイメージを参照および再利用してコストを節約し、在庫フォトの重複購入、ブランドの一貫性の希薄化、ライセンス契約違反を防ぐことでブランドを保護してリスクを軽減します。

デジタル資産の管理のために OpenText MediaBin の使用を検討している、またはすでに使用している組織の場合、OpenText MediaBin ポータルクライアントによって、MediaBin リポジトリに対するブラウザベースの使いやすい表示を利用できます。すっきりとしたデザインなので、イメージ、ビデオ、オーディオファイルなどの価値の高い資産を簡単に検索、プレビュー、ダウンロードできます。OpenText MediaBin ポータルクライアントは、検索時間を短縮しダウンロードの労力を排除したセルフサービスを促進することで、生産性を向上させます。各資産の情報をすぐに得られるため、ユーザーは、特定の資産をキャンペーンやプロジェクトに使用するかどうかを情報に基づいて選択することができます。

  • 在庫写真などの資産の不適切な使用を防止します。
  • ビジネス全体の資産の利用を制限することで、ユーザーがガバナンスおよびライセンスポリシーを順守するようになり、著作権訴訟や悪評が起きるような事態を招かずに済みます。
  • 各資産に 1 つのマスターファイルを保管することで、ストレージスペースを節約し、同じファイルの重複を防止できます。このためユーザーは適切な「レンディション」をダウンロードできます。つまり、各自が準備しているコンテンツに適したファイルサイズやフォーマットでダウンロードできるのです。
  • アクセス権限を割り当てて、承認されたユーザーのみが特定の資産をダウンロードできるようにします。

詳細

MediaBin の追加アドオン

MediaBin Speech-to-Text: 自動的な音声テキスト変換機能で、ビデオファイル内で話されている単語を検索できます。サポートされている言語は、英語 (オーストラリア)、ポルトガル語 (ブラジル)、英語 (英国)、英語 (カナダ)、フランス語 (カナダ)、カタロニア語、デンマーク語、オランダ語、ペルシャ語 (ペルシャ)、フランス語 (フランス)、ドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、日本語、スペイン語 (南米)、北京語、現代標準、アラビア語、スペイン語 (北米)、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、スペイン語 (スペイン)、英語 (米国) で、別途購入する必要があります。

MediaBin Face Recognition ソフトウェア: 顔認識ライブラリ用のオプションで、ビデオ内で識別された顔を検索できます。

MediaBin Logo Detection ソフトウェア: ロゴ検出用のオプションで、ビデオ内のロゴコンテンツを検索できます。

MediaBin On-Screen Text Recognition ソフトウェア: 画面上の文字認識 (OCR) 用のオプションで、ビデオ内のテキストコンテンツを検索できます。

MediaBin Deployment Agent ソフトウェア: MediaBin Deployment Agent では、任意のネットワークでアクセス可能なサイトまたはリポジトリに、資産を目的のフォーマットでルールベースのスケジュールされた方法で展開できます。受信サイトが正しいインデックスを作成するために必要とする、メタデータの展開などが含まれます。