skip to main content

ローコード開発

企業がより多くの知識主導型のビジネスプロセスを自動化していくと、事業部門と IT 部門が同じ言葉を話す必要が出てきます。複数の段階と意思決定ポイントを通過する複雑なタスク管理において、対象業務のエキスパートが他の人、特に対象業務の知識を持ち合わせているかわからないソフトウェア開発者にプロセスを説明するには、多大な労力が必要です。要求条件で誤解があった場合、業務担当者は開発者が正しく理解していないと感じることが少なからず発生します。しかし実際には、業務担当者がすべてのリクエストをIT部門が理解できるように適切に説明するには、労力をかけているのはどこにでも見られる光景なのです。

OpenText AppWorks とローコードアプリケーション開発のビデオ紹介 (英語)

OpenText™ AppWorks™ のローコードアプリケーション開発プラットフォームを使えば、対象業務のエキスパートが、デジタルビジネスの自動化開発に直接携わることができるようになります。これは情報中心のアプローチであり、ビジネスユーザーは、自分たちの視点からポリシーやワークフローを考え、厳密なプロセスに対処するのではなくアクションを必要とする情報を定義することができます。

業務部門と IT 部門は同じ言語を使って要件について話し合うことができることで、重要な伝達事項の 「解釈で食い違う (英語ブログ:Is Your Application Development Getting Lost in Translation?)」 ことが少なくなります。

AppWorks は、次の 3 つの方法でアプリケーション開発を向上させます。

  • アプリケーション開発が対象業務の担当者により身近なものとなり、 またその業務の担当者をアプリケーションの開発に直接関与させることで、時間とリソースを無駄にするコミュニケーションエラーの発生を抑えます。
  • コードの必要性を最小限に抑えます。コードは複雑で、設計、構築、テストの各段階で高いコストがかかります。アプリケーション構築に必要な新たなコードの量が少なくなれば、そのアプリケーションの制作コストも低下します。
  • 情報システム担当者はルーチン作業と非ルーチン作業の両方に広く浅く携わる必要がなくなり、より難しい問題や企業システムの統合に集中できるようになります。
  • アプリケーションの構築過程をビジネスユーザーが確認しやすくなります。AppWorks は、プロトタイプを構築してアイデアを迅速に形にし、それから反復開発を行って完成に近づけることで開発がより実用的になります。

AppWorks には、リスト、ダッシュボード、ナビゲーション、フォームなど、アプリケーションに共通する構成要素が事前に用意されています。さらにこのプラットフォームには、ダイナミック・ケースマネジメントなど、自動化に向けた特定のデジタルビジネスの実用化に向けた開発期間を短縮するように設計されたアクセラレータが搭載されています。

その結果、新しいアプリケーションのリリース時間を短縮し、プロセスの変更と更新に必要な作業を簡略化すると共に、アイデアを試すこともできるアプリケーション開発プラットフォームとなります。