skip to main content

マスターデータ管理

重要なビジネスデータをシングルソースの統一プラットフォームで管理

情報の変化が速ければ速いほど、情報の一貫性と信頼性を厳密に保つ必要性が高くなります。マスターデータ管理 (MDM) は、企業システムとデータリポジトリ全体で業務を効率化するデジタルビジネスの自動化には必須です。

OpenText AppWorks プラットフォームのマスターデータ管理を使えば、企業のニーズと目標に合わせてカスタマイズされた信頼性の高いデータハブをこれまでよりも早く、簡単に構築し、展開することができます。このシステムでは、マスターデータの作成者、利用者、ソースを特定し、メタデータを収集して分析し、データガバナンスプログラムを実装し、各種データソースを柔軟に統合して管理するインフラを構築します。

マスターデータ管理 (MDM) ソフトウェアのメリット

  • アプリケーション、部署、地域でソースが異なる同期データにアクセス可能
  • 関連するマスターデータを 1つにまとめて表示
  • 複数のアプリケーションサイロにまたがるビジネスプロセスをリアルタイムで監視可能
  • 重要なビジネスプロセスに関連する情報を公開

AppWorks のマスターデータ管理は、プロセス主導で顧客中心のアプローチによる情報管理を行います。eコマースや eビジネス企業、コンプライアンスの問題やリスク管理のニーズがある組織に最適です。

マスターデータ管理ソリューションの詳細

OpenText AppWorks プラットフォームのマスターデータ管理は、以下を提供します。

  • プラガブル・アーキテクチャ (サードパーティデータ品質ツールを使用)
  • ほぼリアルタイムでのデータ同期
  • マスターデータ、ビジネスオブジェクトのライフサイクル管理
  • イベント主導型のオブジェクトライフサイクル管理
  • 強力なワークフロー機能
  • パブリッシュ、サブスクライブモデルで動作
  • Web サービスに対応
  • 関連するマスターデータ管理パターン(レジストリ型、共存型、トランザクション型)をすべてサポート