skip to main content

OpenText ActiveView

  • 概要
  • 詳細
  • デモ
  • リソース

組織でエンタープライズコンテンツマネジメント (ECM) を利用してビジネス情報の価値を最大化し、リスクを最小化していても、膨大なコンテンツのライブラリはカジュアルユーザーには大きすぎて使いづらいことがあり、システムを使いやすくすることが重要不可欠です。メニューを再設計する、不要なアイテムをビューから削除する、必要な機能を 1 つの画面にまとめるなど、ユーザーのロールや必要なタスクに合わせて最適化されたユーザーエクスペリエンスを提供できます。

OpenText ActiveView は Content Server のアドオンで、ロールベースのナレッジワークを実行するために必要な関連情報とアクションを表示するように簡易化されたインタフェースを利用して、エンドユーザーエクスペリエンスをカスタマイズします。実装が簡単で複数のデバイスで利用できるため、ユーザーは複雑なコード作成を必要とせずに独自の環境を作成できます。

OpenText ActiveView を選ぶ理由

OpenText ActiveView のメリット:

  • 個人に合ったロールベースのビューで充実したユーザーエクスペリエンスを実現
  • 使いやすく迅速に展開可能なインタフェース
  • 複数デバイスのインタフェース (BlackBerry®、iPhone®、タブレット、ラップトップ、PC など) でコンテンツを共有できるように情報へのアクセスを拡大

ActiveView は、場所を問わず、ユーザーが必要とする情報を必要な方法で配信します。

OpenText ActiveView でできること

  • 複雑なコンテンツを簡素化: 洗練されたビューで、組織内のどのロールに対しても必要に応じた詳細レベルで情報が表示されます。
  • ユーザーによる採用度の向上: ユーザー、プロジェクトおよびアクション別に実行される作業のコンテキストで共通のアクションおよび情報をまとめて表示します。
  • 非表示情報を開示: 動的なデータオーバーレイとビューを使用して、カテゴリ、属性、レコード管理メタデータのライブラリからの情報を提供することが可能です。

Content Server を強化する OpenText ActiveView では、デバイスを問わず、一般ユーザーと上級ユーザーの両方に関連情報を迅速に配信できます。カスタムコードの作成を必要としないため、以下のような機能により、TCO の節約、実装速度の向上、ユーザーによる採用の拡大が期待できます。

機能:

シンプルなインタフェース設計ウィザード: ビジネスユーザーでも、ワンクリックでフォルダーブラウズリストをカスタマイズしたり、非表示のメタデータ (レコード管理データなど) を表示したりできます。

広範なテンプレートライブラリ: 定義済みのテンプレートを活用して、標準の Content Server ビューを簡単にカスタマイズすることができます。すべてのテンプレートでパフォーマンスが最適化されており、表示されるまでの時間が短く、ユーザーは迅速かつ効率よく作業ができます。

Content Server インタフェースの全側面をカスタマイズ: カスタムオーバーライドメニュー、概要ページ、情報パネル、ワークフロービュー、パーソナルページ (お気に入りなど) をはじめ、さまざまな要素を作成できます。

デバイス依存型ビュー: Content Server の表示に使用されるデバイスのプロファイルに基づき、デバイスにあわせてコンテンツを表示します。

インタフェースの動的なカスタマイズ: 個人用のヘッダー、フッターおよびカスタムビューコンテンツを作成します。ビューアの機能的ロールにあわせて動的にビューが表示されます。

OpenText Content Server の主要フレームワークを使用すると、お客様の組織内のさまざまなニーズにあわせてカスタマイズされた、明確でロールベースのインタフェースでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

製品概要 (英語)

OpenText ActiveView Product Overview

Resonate KT is now OpenText

Explore the Products:
OpenText WebReports

リソース

製品概要 (英語)