skip to main content

OpenText Content Intelligence

  • 概要
  • 詳細
  • リソース

OpenText™ Content Intelligence: ユーザーによる採用、生産性および管理インサイトを高め、カスタマイズされたアプリケーション、インタフェース、レポートの展開を加速し、お客様の ECM への投資効果を最大限に引き出します

OpenText ActiveView および WebReports は、よりローカルに私たちのニーズに合うよう、どのようにしたらシステムをより「Cochlear 式」に構成できるかに大きな違いをもたらしました。これらの製品が優れている点は、製品を本当に簡単に構成でき、ユーザーが希望するように機能させることができる点です。

Dr. Mark Cotterell、Cochlear 社 Information Architect

組織は、コア ECM への投資から最大価値を生み出すことができるように、ユーザーによる採用を迅速化する方法を必要としています。これらの組織では、ナレッジワーカーから (彼らの役割とその時に集中している仕事に基づいて) 求められるエンタープライズコンテンツの表示を変更する方法、簡単でコスト効率よくすべてのソースからデータやコンテンツを統合する方法、および組織のニーズと一致するコンテンツならびにワークフローアプリケーションを構築する単純なプラットフォームが必要とされます。このほか、アプリケーションの迅速な切り替えや変更が確実にできることが、エンタープライズにとって最も適応しやすくアジャイルな ECM 環境の確立には不可欠です。

OpenText Content Intelligence は、カスタムアプリケーション、ビュー、実践的なダッシュボード、レポート、ワークフローまたはプロセスインタラクション、およびナレッジワーカーがコンテンツをインタラクティブに操作するための直感的な手法を組織が構築することができる包括的なソリューションです。

OpenText Content Intelligence は、組織に OpenText Content Suite を拡張、強化および簡易化するために必要なツールを提供します。カスタムインタフェースは標準の Web 技術を使用して簡単に作成でき、ユーザーの現在のロールやタスク、さらに使用しているデバイスに基づいて動的に表示されます。これには、Suite 16 の新しい Smart View UI 用カスタムタイルまたはウィジェットの簡単な作成などがあります。内部データと外部データを集約して表示する、特定のビジネスプロセスとより緊密に整合するようにカスタマイズされたユーザーエクスペリエンスを開発する、またはコンテンツをモバイルデバイス上でアクセスや操作できるようにするなど、OpenText Content Intelligence はこれらを可能にするツールキットです。

Content Server 16
ビジュアルデータウィジェットを利用し (上図「承認のために送信した文書 (Documents I've Sent for Approval)」 および「コンテンツを利用している人 (Who's Using my Content)」を参照)、また CRM のような外部アプリケーションのコンテンツと分析を Smart View UI のパースペクティブ/ダッシュボード (上図「トップ 10 - セールス (Top 10 - Sales)」を参照) に組み込むことで、ECM の利用率と洞察力の向上を加速
RM Classification
新しい Smart UI 用のタイル/ウィジェットをすばやく作成し、Content Intelligence のチャートなどのデータを表示
Content Server Analytics
Content Suite の情報を拡張 REST API を使用して OpenText iHub Analyticsなどの外部アプリケーションに簡単に組み込むことが可能

OpenText Content Intelligence は、次のように多くの面で ECM のビジネスバリューと長期的な ROI (投資収益率) を高めます。

       ユーザーによる ECM システムの採用の促進:

    • 簡単に配備可能で、シンプルで親しみやすいインタフェースにより優れたユーザーエクスペリエンスを提供
    • ユーザーのロールに基づいたコンテンツの視覚化によりユーザビリティを向上し、プロセスステップやワークフロータスクの実施を簡易化
    • 新しいシステムやインタフェースを習得するかわりに、OpenText Content Server をユーザーの好みに合わせて機能するようにカスタマイズ

       エンタープライズに合わせてカスタマイズ:

    • 組織固有の要件やプロセスに基づいてカスタマイズされた、標準ベースで迅速に展開が可能なアプリケーション
    • 外注や見つけるのが困難な専門知識や資格を持った開発者を必要とせずに迅速な配備を実現
    • 役員やナレッジワーカーに対する ECM エクスペリエンスを簡易化するカスタムダッシュボード、アプリケーションおよびレポート
    • 多数のコンテンツソースをファイルシステムから ERP や CRM へと迅速に統合し、エンタープライズコンテンツおよびデータの全体的ビューを確実に提供

       生産性および ROI:

    • OpenText Content Intelligence には、ユーザー独自の素晴らしい業務アプリケーションやダッシュボードを作成できる力と柔軟性があります。これらは、ビジネスユーザーのロールに応じ、信頼性の高い最新のデータに基づいて仕事をより迅速に遂行するのに必要なコンテンツを表示するように設定できます。
    • コンテンツのアップグレード、カスタマイズの移行および ECM 用の変更管理などすべてを加速
    • 学習時間が短縮されるため、生産性が促進され、システムの全体的なコストが低下

OpenText Content Intelligence は、Content Suite のユーザーエクスペリエンスを最適化し、また、OpenText Content Suite の配備における部署およびタスク特定の要件に合うアプリケーションを作成することによって、組織における採用の促進と生産性の向上を容易にします。即時に展開可能で簡単に変更可能な事前構築済みのレポート、ダッシュボードおよびアプリケーションの完全なセットとともに、タイルまたはウィジェットの迅速作成機能、拡張 REST API、および強力なサブタグライブラリが含まれています。

カスタムタイルまたはウィジェットをすばやく設計し、新しい Content Suite 16 Smart View UI に展開するもっとも簡単な方法であるだけでなく、他のアプリケーションへの埋め込みも簡単に実現でき、お客様のビジネスプロセスで Content Suite の持つ力を実感していただけます。また、各ユーザーが手元にあるタスクを遂行するために必要な情報のみを表示することで簡単にユーザーエクスペリエンスをカスタマイズできます。

  • 従来版と新版両方の Smart View UI で OpenText Content Suite の見た目や操作感をビジネスユーザーの好みに合わせることでユーザー採用度を向上
  • Charting Wizard を使用して簡単にデータを視覚化して分析し、ビジネスインサイトを拡大
  • 既存の Content Suite システムを簡単かつ直感的にすることでトレーニングコストを抑制または削減
  • 外注や専門知識を持った開発リソースを必要とすることなく、各部署のタスクの特定のニーズに合ったアプリケーションを簡単に開発、配備およびアップグレード
  • OpenText Analytics からの SalesForce.com ベースのチャートまたはグラフなど、他のアプリケーションのデータを新しい Content Suite Smart UI に統合することにより、部署ごとのダッシュボードを作成および強化し、仕事を迅速に遂行するために必要な情報をユーザーに提供
  • 拡張 REST API を使用して Content Suite コンテンツおよびウィジェットを他の Web ベースのシステムで表示するというシンプルな統合の導入により、コンプライアンスを保証しつつユーザーの生産性を向上
  • ユーザーが必要なものを必要なときに見つけられるように一貫性のあるメタデータが利用可能かつ適用されるようにし、レポートおよび実用的なダッシュボードの信頼性を保証する
  • タスク固有のダッシュボードと自動化されたコンテンツレポートを構築し、ユーザーがアドホックなレポート要件でIT に負担をかけなくてもいいようにする
  • ビジネスユーザーがエンタープライズコンテンツを作成および操作するのと同じように、OpenText Content Suite を無理なくその延長で利用できるようにすることで TCO を削減し、ROI を向上


OpenText Content Intelligence には以下の機能が含まれています。

OpenText Content Intelligence 拡張ウィジェットの作成 カスタムタイルまたはウィジェットをすばやく設計し、新しい Content Suite 16 Smart View UI に展開するもっとも簡単な方法であるだけでなく、他のアプリケーションに埋め込むことも簡単に実現でき、お客様のビジネスプロセスで Content Suite の持つ力を実感していただけます。Content Intelligence アーキテクチャ、タグライブラリおよび REST API を活用することで、Content Suite または他のアプリケーションのいずれで作業しているかに関係なく、各ユーザーは手元にあるタスクを遂行するために必要な情報のみを表示することで、ユーザーエクスペリエンスを迅速にカスタマイズできます。また、Google マップタイルを使用してカスタマイズされた製造ユーザーエクスペリエンスにすべての製造施設を表示するなど、これらの拡張ウィジェットによって、カスタムダッシュボードには外部データも簡単に埋め込めます。ビジュアルデータウィジェットを使うと、Content Server の情報をプログラミングせずに新しい Smart UI/Perspectives ですぐにグラフ化できるため、すばやく状況を把握し、是正処置を実施できます。また、データのフィルタリングや掘り下げも簡単になり、CSV へのエクスポートなどデータに対する追加操作を行うこともできます。各部署、ユーザーまたはタスクに合わせてエクスペリエンスをカスタマイズすると、生産性と採用度を大きく促進できます。
OpenText Content Intelligence 拡張 REST API ユーザーのコンテキストや権限を維持したまま、外部アプリケーションが複雑なデータベース構造に埋め込まれていることが多い Content Suite のコンテンツおよびデータに簡単にアクセスし、フォーマットすることができます。これは複雑な SQL クエリではなく、現在のユーザーのプロファイルおよび権限に基づいて事前フォーマットされた有効なデータを返す、広範なサブタグライブラリを介して行われます。これによって統合開発が大幅に迅速化され、将来のアップグレードが簡易化されます。

このサブタグライブラリを使用すると、カスタマイズデータセットまたはソースを作成し、この拡張 REST API を介して外部アプリケーションから簡単にアクセスできるようになります。
OpenText WebReports 時間とコストのかかる開発を必要とすることなく、組織で統合アプリケーション、実用的なダッシュボードおよびワークフローを簡単に開発できるようにします。機能が拡張され、包括的な権限管理、不適切なアクセスを防止するレコード管理ポリシーの統合、および完全なワークフロートリガー機能が加わりました。
OpenText WebReports Workflow Extensions ユーザーによるコンテンツ操作および作成を可能にするアプリケーションの展開を簡易化します。ナレッジワーカーは、複雑なインタフェースやワークフローシステムを使用しなくてもワークフロー内外にコンテンツを移動させたり、ワークフローを開始したり、必要なタスクを簡単に実施することができます。お客様がユーザーエクスペリエンスを完全に統制管理するのです。
OpenText Report Pack for WebReports ユーザーによる Content Suite 情報の視覚化および管理を支援し、また組織において完全に統合されたビジネスソリューションを迅速に開発できるように支援する強力なツールおよびレポートです。

OpenText Content Intelligence は、Content Suite のユーザーエクスペリエンスを最適化し、また、OpenText Content Suite の配備における部署およびタスク特定の要件に合うアプリケーションを作成することで、組織における採用の促進と生産性の向上を容易にします。即時に展開可能で簡単に変更可能な事前構築済みのレポート、ダッシュボードおよびアプリケーションの完全なセットとともに、タイルまたはウィジェットの迅速な作成機能、拡張 REST API、および強力なサブタグライブラリが含まれています。

カスタムタイルまたはウィジェットをすばやく設計し、新しい Content Suite 16 Smart View UI に展開するもっとも簡単な方法であるだけでなく、他のアプリケーションへの埋め込みも簡単に実現でき、お客様のビジネスプロセスで Content Suite の持つ力を実感していただけます。また、各ユーザーが手元にあるタスクを遂行するために必要な情報のみを表示することで簡単にユーザーエクスペリエンスをカスタマイズできます。

  • 従来版と新版両方の Smart View UI で OpenText Content Suite の見た目や操作感をビジネスユーザーの好みに合わせることでユーザー採用度を向上
  • Charting Wizard を使用して簡単にデータを視覚化して分析し、ビジネスインサイトを拡大
  • 既存の Content Suite システムを簡単かつ直感的にすることでトレーニングコストを抑制または削減
  • 外注や専門知識を持った開発リソースを必要とすることなく、各部署のタスクの特定のニーズに合ったアプリケーションを簡単に開発、配備およびアップグレード
  • OpenText Analytics からの SalesForce.com ベースのチャートまたはグラフなど、他のアプリケーションのデータを新しい Content Suite Smart UI に統合することにより、部署ごとのダッシュボードを作成および強化し、仕事を迅速に遂行するために必要な情報をユーザーに提供
  • 拡張 REST API を使用して Content Suite コンテンツおよびウィジェットを他の Web ベースのシステムで表示するというシンプルな統合の導入により、コンプライアンスを保証しつつユーザーの生産性を向上
  • ユーザーが必要なものを必要なときに見つけられるように一貫性のあるメタデータが利用可能かつ適用されるようにし、レポートおよび実用的なダッシュボードの信頼性を保証
  • タスク固有のダッシュボードと自動化されたコンテンツレポートを構築し、ユーザーがアドホックなレポート要件で IT に負担をかけなくてもいいようにする
  • ビジネスユーザーがエンタープライズコンテンツを作成および操作するのと同じように、 OpenText Content Suite を無理なくその延長で利用できるようにすることで TCO を削減し、ROI を向上

  Content Intelligence Product の概要 (英語)


OpenText Content Intelligence には以下の機能が含まれています。

OpenText Content Intelligence 拡張ウィジェットの作成 カスタムタイルまたはウィジェットをすばやく設計し、新しい Content Suite 16 Smart View UI に展開するもっとも簡単な方法であるだけでなく、他のアプリケーションに埋め込むことも簡単に実現でき、お客様のビジネスプロセスで Content Suite の持つ力を実感していただけます。Content Intelligence アーキテクチャ、タグライブラリおよび REST API を活用することで、Content Suite または他のアプリケーションのいずれで作業しているかに関係なく、各ユーザーは手元にあるタスクを遂行するために必要な情報のみを表示することで、ユーザーエクスペリエンスを迅速にカスタマイズできます。また、Google マップタイルを使用してカスタマイズされた製造ユーザーエクスペリエンスにすべての製造施設を表示するなど、これらの拡張ウィジェットによって、カスタムダッシュボードには外部データも簡単に埋め込めます。ビジュアルデータウィジェットを使うと、Content Server の情報をプログラミングせずに新しい Smart UI/Perspectives ですぐにグラフ化できるため、すばやく状況を把握し、是正処置を実施できます。また、データのフィルタリングや掘り下げも簡単になり、CSV へのエクスポートなどデータに対する追加操作を行うこともできます。各部署、ユーザーまたはタスクに合わせてエクスペリエンスをカスタマイズすると、生産性と採用度を大きく促進できます。
OpenText Content Intelligence 拡張 REST API ユーザーのコンテキストや権限を維持したまま、外部アプリケーションが複雑なデータベース構造に埋め込まれていることが多い Content Suite のコンテンツおよびデータに簡単にアクセスし、フォーマットすることができます。これは複雑な SQL クエリではなく、現在のユーザーのプロファイルおよび権限に基づいて事前フォーマットされた有効なデータを返す、広範なサブタグライブラリを介して行われます。これによって統合開発が大幅に迅速化され、将来のアップグレードが簡易化されます。

このサブタグライブラリを使用すると、カスタマイズデータセットまたはソースを作成し、この拡張 REST API を介して外部アプリケーションから簡単にアクセスできるようになります。
OpenText WebReports 時間とコストのかかる開発を必要とすることなく、組織で統合アプリケーション、実用的なダッシュボードおよびワークフローを簡単に開発できるようにします。機能が拡張され、包括的な権限管理、不適切なアクセスを防止するレコード管理ポリシーの統合、および完全なワークフロートリガー機能が加わりました。
OpenText WebReports Workflow Extensions ユーザーによるコンテンツ操作および作成を可能にするアプリケーションの展開を簡易化します。ナレッジワーカーは、複雑なインタフェースやワークフローシステムを使用しなくてもワークフロー内外にコンテンツを移動させたり、ワークフローを開始したり、必要なタスクを簡単に実施することができます。お客様がユーザーエクスペリエンスを完全に統制管理するのです。
OpenText Report Pack for WebReports ユーザーによる Content Suite 情報の視覚化および管理を支援し、また組織において完全に統合されたビジネスソリューションを迅速に開発できるように支援する強力なツールおよびレポートです。

Customer Testimonial

“We’ve used WebReports, the foundation of Content Intelligence, since 2004 to deploy tailored solutions for each department’s needs to ensure quick user adoption and greatly increase productivity and ROI. Over the years, we’ve been impressed with the effortless upgrades, especially given our complex content and data integrations with systems like Oracle eBusiness and Maximo. It is evident that Content Intelligence will help customers get an immediate head start in visualizing and managing Content Server information and creating their own tailored applications, views, and integrations.”

Michelle VanAllen, Supervisor, Records Management and Melanie Bodiford, Supervisor Application Support at Santee Cooper

Read More...

Customer Testimonial

“Content Intelligence includes powerful document, metadata, workflow, and permission management tools to help easily monitor and implement content quality and compliance.  It also provides a starting point for us to build actionable management dashboards and role-based views for each department’s needs, to help them work more efficiently, without breaking the bank.  This is exactly what we have been looking for.” 

Ken Cameron, Director, Information Technology, Library of Parliament of Canada

Customer Testimonial

“We consulted with users to better understand how they work in order to further streamline their processes. By working closely with key users in areas such as project development, engineering, technical, finance and legal we have been able to achieve significant improvements in productivity and users feel they have an influencing voice on future developments”

Philip Forshaw, ECM Manager, RES Group

Read More...