skip to main content

EnCase Forensic

フォレンジック調査の業界標準。モバイルデバイスのデータ取得にも対応

リリース 8.06 のパフォーマンス強化をベースに、EnCase Forensic の最新リリースでは顧客主導型の新機能が導入されており、デジタル調査を新たな段階へと引き上げます。最新の暗号技術のサポート、Apple ファイルシステムのサポート、ボリュームシャドウコピー機能。これらは今回の機能強化で導入された新機能のほんの一部ですが、すべて必要な証拠の収集と分析を効率的かつ正確に行い、最高のユーザー体験をもたらすように設計されています。

製品詳細 (英語PDF)

築き上げた伝統と業界最高クラスの性能。その信頼性は訴訟対応で実証済み

OpenText(旧Guidance) 社が 1998 年に EnCase Forensic をリリースし、デジタル調査ソフトウェアというカテゴリが誕生しました。EnCase は犯罪捜査における業界標準ソフトウェアとして高い評価を維持しており、SC Magazine によって 8 年連続で「ベストコンピュータフォレンジックソリューション」にも選ばれました。EnCase Forensic ほどの機能と柔軟性を提供し、裁判所で証拠として採用されてきた実績のあるソリューションは他にありません。EnCase にはモバイルフォレンジック機能が提供されており、迅速かつ効率的に調査を完了するために必要な柔軟性と利便性が備わっています。

問題を解決するたった1つの製品

表面的なレベルの可視性しか提供しない他のフォレンジックソリューションとは違い、EnCase Forensic にはどのような調査担当者でも行える柔軟性があります。

  • タブレット、スマートフォン、GPS など 25 種類のモバイルデバイスを含む、最も広範囲な種類のデバイスからデータを取得
  • 包括的で信頼性の高いフォレンジック調査を実施
  • 証拠の整合性を保ちながら、詳細な調査結果レポートを生成

全調査内容でEnCase Forensicが活躍

問題の調査を開始した瞬間から調査結果を手渡す瞬間まで、これらすべての作業を完結することができます。

現場でも、社内でも

EnCase Forensic では、コンピュータやモバイルデバイスで、証拠となる可能性があるデータの検索、特定、優先順位付けをすばやく行うことができ、さらなる調査が必要かどうかを判断できます。これによってバックログが減少するため、調査担当は問題の解決へ集中的に対応できます。

購入オプション

サイトライセンス

EnCase Forensic のサイトライセンスを利用すると、お客様はフォレンジックニーズの増加に合わせてライセンスを増やしていくことができます。サイトライセンスは、3 つ以上の初期ライセンスから始めて、EnCase Forensic の追加コピーを事前に交渉したディスカウント率で購入できるため、人員を増やすためのコストと毎年の予算をより正確に予測することができます。

永久ライセンス

1 回のライセンス料と少額の年間保守料をお支払いいただくと、例えば本社および地方の調査担当者に必要なソフトウェアを所有し、ソフトウェアアップデート、テクニカルサポート、フォレンジックコミュニティポータルにアクセスすることができます。

期間ベースのライセンス

年契約のお支払いになる期間ベースのライセンスで、お客様のコンサルティングサービスの活動範囲が広がります。期間オプションは、先行投資を最小限に抑えて EnCase Forensic を導入、利用したいコンサルティング企業におすすめです。

アカデミックプログラム

EnCase アカデミックプログラムは教授や学生を支援するように設計されており、EnCase を大学の教室に導入できるようになります。このアカデミックプログラムにより、学生は業界をリードするフォレンジックソリューションを実践的に体験でき、卒業後の自分の市場価値を高めることができます。

※国内では提供していない機能が含まれる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。