skip to main content

ディスカバリーソリューション

フォレンジックに関連する情報から、非構造化データの分析、継続的なマシンラーニングに至るまで、eDiscovery ソフトウェアとサービスを利用して重要な情報を素早く検索

Axcelerate のマシンラーニングや、可視化分析により、数千ものメールがたった 2分で分析される様子をご覧ください (英語)

ディスカバリーソフトウェアとは?

訴訟でのディスカバリー要請、公的な調査、データ違反の対応や、その他法的コンプライアンス関連のニーズなど、電子ディスカバリーソフトウェアは、企業が電子保持情報 (ESI) を保存、収集、分析、分類、見直し、作成するのに役立ちます。

優れた eDiscovery ソフトウェアソリューションは、予測分析、テキスト分析、フォレンジック収集、フレキシブルなマシンラーニング機能を備えています。 これらのソリューションは、データ容量を削減し、プロセスを自動化して、法的審査をスピードアップさせます。 契約分析やエンタープライズサーチソリューションでは、同一の基盤技術を利用してより広範な法務問題やビジネス問題を解決します。

ディスカバリーリューションの概要

OpenText Discovery ソリューションは、企業データを検索、収集、調査するための代表的なデジタルフォレンジックと非構造化データ分析ツールを提供します。 Discovery Suite のパワフルなマシンラーニング機能により、法務やコンプライアンスチームが、訴訟の情報開示、調査、コンプライアンス分析、データ侵害対応、業務上のプロジェクト、財務契約分析に関する重要な情報を素早く検索できるようになります。

OpenText Axcelerate は最強の eDiscovery プラットフォームとして定評があります。 Axcelerate では、独自のアドバンストアナリティクスと予測コーディング機能を一から構築し、完全に統合された直感的なインタフェースを備え、業界屈指の調査能力を誇ります。 OpenText EnCase eDiscovery は、証拠を識別・保持し、高信頼性のあるフォレンジック・プラットフォームを提供します。

さらに、これらのソリューション群は、収集から早期評価査定 (ECA) 処理、審査や分析、作成に至るまで、訴訟対応チームが証拠開示プロセスにおいて広範囲に対応可能です。

Discovery Suite ソリューションは、収集からホスティング、実行に至るまで、セルフサービスまたは完全なディスカバリサービスの形態で、オンプレミスまたはクラウドから選択できます。 ソリューションは、事案ごとに即日導入可能で、ダウンロードやインストールの必要もなく、大企業においても展開可能です。

ディスカバリーソフトウェアの特長

  • 予測コーディング

    継続的なマシンラーニングを利用して、実質的にあらゆるデータセットで関連コンテンツの識別とレビューの優先順位付けを行います。Axcelerate には、柔軟で的確かつ弁護に役立つ予測コーディングが含まれます。

  • コンセプト検索

    キーワードを入力せずに適切なドキュメントを検索し、自動的にドキュメントを、コンセプトごとに関連するグループに整理します。 マシンラーニングの学習法の1つである“教師なし学習”により、自動的に言語パターンを識別し、コードワードやドキュメントの文脈的意味を判断します。

  • フレーズ分析

    高い精度で検索し、見逃されていた可能性のある用語を見つけ出します。 Axcelerate では、データセット全体から重要なフレーズを自動的に識別し、使用回数で順位付けし、精度の高い検索結果を得るために “含む”や“除外”の設定が簡単に行えます。

  • スマートフィルター

    データやソース、ファイルタイプのような基本属性から、可視化された結果による高度なコミュニケーション属性に至るまで、50 種類超の異なるメタデータフィールドを活用して、単純なポイント & クリック操作で、レビュー範囲を絞り込むことができます。

  • スマートマスキング

    電話番号、SSN(社会保障番号)、クレジットカード、e メールアドレスや、その他識別可能な機密情報を、数千ものドキュメントにわたって自動的に一度にマスキングすることができます。

  • ビジネスインテリジェンス

    個々のプロジェクトまたは訴訟ポートフォリオ全体で、eDiscoveryの主な指標をトラッキングして報告します。 Axcelerate には、独自の効率性評価ダッシュボードが含まれ、インテリジェント技術を利用して達成効果を数値化することができます。

Customer success stories

ディスカバリーソフトウェアのメリットとは?

  • 完全かつ堅実な収集

    オフラインのエンドポイントからでも、日常業務に影響を及ぼさずに、すべてのソースから慎重に収集します。

  • 早期のインサイト

    可視化された予測分析と継続的なマシンラーニングを活用して、事案の発生や解決に対する事実、関係性、ドキュメントを検索します。

  • 迅速なレビュー

    セルフサービス処理や、堅牢な早期評価査定 (ECA) を利用し、レビュー時間を短縮し、ターゲットとなるドキュメントのレビューを行います。

  • 優れた成果

    機密情報を自動的にマスキングし、カスタマイズ可能で透明性を確保したレポート作成機能を利用して、証拠開示プロセスを最適化します。

  • 統合検索

    単一の検索バーを使用して、企業全体で数十のコンテンツレポジトリ、数十億の記録データ全体に検索を実行します。

  • コンプライアンスデータの貴重なソース

    主な契約条件の抽出、加工、組立てを自動化し、財務担当者が状況やリスク、付随事項を容易に理解し、報告できるようにします。

  • 柔軟な展開オプション

    オンプレミス、オンデマンド、クラウド、ハイブリッド、マネージドサービスなど、多様なサービスやホスティングオプションから選択できます。

  • 総合的な防御対策

    最も信頼性の高い、司法的に認知されたテクノロジーを結集し、フォレンジック統合、すべてのメタデータ、証拠保全を確保し、さまざまな事案によるデータを再利用します。

Discovery Suite 製品