skip to main content

オープンテキスト、CEMソリューション最新版をリリース

強化されたOpenText Experience Suite 16によってカスタマーエクスペリエンスがさらに向上

東京 – 2017-8-23 – EIM(エンタープライズ情報管理)ソリューションのリーダーである、OpenText(本社:加オンタリオ州ウォータールー、NASDAQ:OTEX、TSX:OTC、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:萩野武志、以下オープンテキスト)は本日、「OpenText™ Experience Suite 16(以下Experience Suite)」の機能拡張版(Release 16 Enhancement Pack 2、以下EP2)の国内での販売を開始しました。Experience Suiteは、あらゆる顧客のタッチポイントで、高度にパーソナライズされた、優れたデジタルエクスペリエンスを、安全かつスピーディーに実現し、顧客のライフタイムバリューを最大化する製品です。Experience Suite EP2では、生産性を向上させる機能の追加および新しい連携機能によって、デジタルエクスペリエンスに関わるプロセスを合理化させています。

2017年5月に北米で発表されたEP2は、エンタープライズ企業や組織において、あらゆるビジネスプロセスをデジタル化し、情報の流れを管理する包括的な統合デジタル情報プラットフォーム「OpenText Release 16」の機能拡張パッケージの第2弾です。OpenText Release 16は、顧客エンゲージメントから高度なビジネスインサイトまで、情報の全体的な流れを管理・分析する単一プラットフォームです。また、新たなUIを導入してユーザビリティを高めつつ、これまで以上にインテリジェントな検索機能、組み込みの分析・レポート機能、そしてモビリティによって、より魅力的な体験をユーザーに提供しています。クラウド環境への最適化、モビリティ、スマートUI、自動化、柔軟性、セルフサービス、クリエイティブなコラボレーションを柱とするEP2は、生産性を強化しつつ、オープンテキストのプラットフォーム内、そして他の有力ビジネスアプリケーションとのより高度で広範な連携機能を顧客に提供できるよう設計されています。

国内で販売を開始したExperience Suite EP2で強化された機能は、以下となります。

生産性の強化

  • EP2では統合された単一のCCMプラットフォームと、すべての「OpenText Exstream」と「OpenText Communications Center(OpenText StreamServeとOpenText PowerDocs)」のお客様へのアップグレードパスを提供します。単一のプラットフォームと、複数のドキュメントデザインツールやドキュメント生成エンジンにより、お客様は既存のドキュメントやテンプレートをそのまま使用しながら、新しいシステムで拡張された機能を活用できます。またデバイスプレビュー、新しいAdd-In、インタラクティブな編集時の変更履歴などの新機能も追加されました。
  • EP2では、「OpenText TeamSite(以下TeamSite)」と「OpenText Media Management(以下Media Management」の連携機能が追加され、ページテンプレート画面からMedia Managementが管理する画像アセットを選択し、容易にページへ反映できます。また、これらのアセットはサイトを訪問するユーザーのデバイスに最適化され、デスクトップやスマートフォンなどの画面に合わせてダイナミックにサイズが自動変更されます。Media Managementで一元管理されるオリジナルアセットが変更されると、Webサイトに表示されるアセットも自動変更され、DAMによる真のワンソースマルチユースを実現できます。
エコシステムとのより深い接続
  • Media ManagementとAdobe® Creative Cloud®との新たな連携機能により、デザイナーはメディア資産を再利用し、クリエイティブプロセスを合理化できます。EP2には、Marketoのマーケティング自動化アプリケーションとTeamSiteとの直接的な連携機能も導入されており、マーケティングキャンペーン自体の体験が向上します。


なお、オープンテキストは9月14日(木)にJPタワーホール&カンファレンスで開催される、「ネット&スマートフォンコマース」に協賛し、「ワンソースによる新しいEC&カタログコンテンツ管理のトレンド」と題したセッションを行い、ECサイトとカタログなどの印刷物を1データで管理する最新のソリューションをご紹介いたします。
イベントURL: http://www.f2ff.jp/ns/2017/09/

■オープンテキストについて

オープンテキストは、企業や組織におけるクラウドまたはオンプレミスでの情報活用を適切な方法で支援し、新たなデジタル社会を実現することを目標としています。オープンテキスト国内グループとしては、ECMおよびBPM製品を中心に国内におけるエンタープライズ情報管理(EIM)ソリューションの販売やサービスを提供しているオープンテキスト株式会社、EIMの重要な要素の1つであるクラウドサービスの分野において、クラウド型メッセージングサービスを提供するEasyLink社(日本法人:エクスパダイト株式会社)、B2Bインテグレーションサービス/EDIを展開するGXS社(日本法人:GXS株式会社)、組み込み型BIとビッグデータ分析を提供するOpenText Actuate事業、および顧客エンゲージメントソリューションを提供するカスタマーエクスペリエンス・ソフトウェア事業において、各事業間の相乗効果を高めながら、日本のお客様に価値あるソリューションを提供しています。

オープンテキスト株式会社 http://www.opentext.co.jp
エクスパダイト株式会社 http://xpe-opentext.jp
GXS株式会社 http://www.gxs.co.jp


<本件に関するお問合せ先>

OpenTextグループ/オープンテキスト株式会社
マーケティング部 柳沢
Tel:03-4560-7705  
Email:otj-pr@opentext.com

OpenTextグループ広報代理
ホフマン ジャパン株式会社 タレイ・田中
Tel:03-5159-5750
Email:OpenTextJP@hoffman.com